ベッド収納の注意点とトランクルームの選び方

ベッド収納の注意点とトランクルームの選び方

しばらく使う予定のないベッドはどこに収納していますか?
家が広くて収納スペースがある場合は問題ありませんが、使わないベッドを収納するスペースはあまりありません。

 

自宅の収納スペースを圧迫しないように、トランクルームに収納するという方法もあります。
トランクルームにベッドを収納する際の注意点をご紹介します。

 

ベッド収納
ベッドはとても大きく、シングルサイズでも収納に苦労する傾向があります。
処分することはできますが、ベッドは比較的高価で買い替えることが少ないので、まだ使う予定があるのであれば綺麗に保管しておくことをおすすめします。

 

では、ベッドはどこに収納すればいいのでしょうか?

 

自宅の収納スペースに収納
自宅の物置やロフトに収納スペースがある場合は、自宅で収納してください。
大きすぎてそのままでは収納できない場合は、分解して収納しやすくしましょう。
自宅で保管する場合は、湿度管理や害虫駆除に注意しましょう。

 

トランクルームに保管する

自宅にベッドを収納するスペースがないという方には、トランクルームがおすすめです。
長期・短期の収納が可能で、ご自宅の空きスペースを有効活用することができます。

 

トランクルームに収納する際の注意点
トランクルームにベッドを収納する際に注意が必要な場合があります。
使用中にベッドが劣化しないように収納してください。

 

乾燥している場合
湿気はベッドの大敵です。特にマットレスを収納する際には、乾燥に注意しましょう。
人間は寝ている間に多くの汗をかくので、マットレスが湿った状態になることがあります。
湿った状態で保管するとカビの原因になります。

 

日中の晴れた日によく乾かしてからトランクルームに保管しましょう。
保管前に乾燥させるだけでなく、除湿機を使ってトランクルームに湿気がこもらないように工夫しましょう。

 

床の上に直接置かないようにしましょう。
床は部屋の中で一番寒い場所です。ベッドを直接床に置くと、ベッドと床の間に湿気がたまり、結露の原因になります。
その結果、カビが発生してしまうので、水切り板などで浮かせておくことが大切です。

 

トランクルームを選ぶ際のポイント

トランクルーム選びのポイントは、業者の知名度や評判の他にも、価格やセキュリティなど様々な項目があります。
【トランクルームの選び方】
では、ベッド収納のためのトランクルームを選ぶ際には、どのような点に注意すればいいのでしょうか。

 

おすすめは屋内型のトランクルーム
トランクルームには、屋内型と屋外型があります。
屋外型はエアコンがついていないことが多いです。
屋外のコンテナに荷物を収納することもできますが、常に最高の状態で保管したいという方には、エアコンが完備されている屋内型のトランクルームがおすすめです。

 

自宅から近い低層階のトランクルームがおすすめです。
ベッドもそうですが、自宅からの距離はとても重要です。
ベッドを取り出す頻度は比較的少ないかもしれませんが、必要な時に手が届く範囲にあるトランクルームを選びましょう。

 

また、ベッドは運ぶのが大変なので、1階のトランクルームが良いでしょう。
ただし、2階の方が安いことが多いので、予算に応じて決めてください。

 

まとめ

使わないベッドを収納するスペースがある家は少ないですよね。
自宅に保管するスペースがない場合は、トランクルームに置いておきましょう。

 

ベッドやマットレスの劣化を防ぐためには、湿気が最大の天敵です。
必ず湿気の少ない場所に保管し、次に使う時まで清潔に保つようにしましょう。