楽器をトランクルームに長期間保管する方法

トランクルームに楽器を長く保管する方法

楽器を演奏する人にとって、「楽器をどこに収納するか」はよくある悩みです。
楽器はとても繊細で壊れやすいものです。収納場所に気をつけないと、簡単に壊れてしまうこともあります。自宅に収納スペースがない人にとっては、これが悩みの種です。

 

そのため、「トランクルーム」がおすすめです。トランクルームは、自宅の収納スペースに収まらない楽器を収納するために利用することができます。

 

しかし、トランクルームで楽器を収納するのは気になるという方も多いのではないでしょうか。
この記事では、トランクルームで楽器を収納する際の特徴をご紹介します。

 

楽器を収納するのに理想的な環境がある

弦楽器や管楽器など、楽器には様々な種類があります。それぞれの楽器の大きさや材質は異なりますが、保管環境は共通しています。

 

楽器を保管する際の理想的な温度とは?
楽器を保管する際には、まず温度に注意しましょう。楽器を保管するための理想的な室温は15~25℃です。この温度を超えると、楽器の塗料や樹脂、接着剤が溶けてしまうことがありますので、高温にご注意ください。

 

楽器の保管に湿度は関係ありますか?
湿度は温度と同様に一般的に一定で、40~50%の湿度が理想的です。あまりにも乾燥しているとひび割れの原因になります。適度な湿度であれば安全です。

 

湿度・温度以外の環境
湿度や気温以外にも、日差しも重要です。日光に当たりすぎると、塗料が日焼けしたり、変色したりする原因になります。保管場所は直射日光が当たらない場所を選ぶことが大切です。また、虫による劣化も考えられますので、虫がつきにくい環境のある場所を選びましょう。

 

楽器の保管には室内のトランクルームがおすすめ

自宅以外の場所で楽器を保管する場合は、「屋内トランクルーム」がおすすめです。屋内トランクルームとは、建物の一室やワンフロアを利用して作られたトランクルームのことです。コインロッカーのように並んでいるものもあれば、大きな荷物を収納できるトランクルームもあります。
では、なぜ室内トランクルームがおすすめなのでしょうか?

 

温度や湿度の管理が行き届いている
ほとんどの室内保管室には、温度や湿度の調節ができるようになっています。そのため、季節を問わず湿度や温度を一定に保つことができるため、楽器の保管に最適です。

 

移動に便利なエレベーター付き
室内トランクルームは、一般的に輸送荷重を考慮して設計されています。特に、建物の1階が室内トランクルームになっている場所では、エレベーターが設置されていることがほとんどです。エレベーターが設置されており、移動に便利な室内トランクルームであれば、楽器の出し入れも楽に行えます。

 

害虫の心配がない
室内のトランクルームは、建物の出入り口とトランクルームの出入り口の二重構造になっているため、害虫が侵入しにくい構造になっています。そのため、害虫を気にせずに収納することができます。

 

備品を取り出す際には結露に注意
トランクルームに機器を出し入れする際は、結露に注意しましょう。温度差が大きいと結露の原因となります。外気温がトランクルーム内温度よりも高い場合や、外気温がトランクルーム内温度よりも低い場合は、結露が発生し、機器が破損する可能性があります。

 

概要

置く場所がない、捨てるにはもったいない楽器の保管には、室内トランクルームがおすすめです。室内のトランクルームは、湿度や温度を適切に保つことができ、一年中楽器を保管することができます。楽器の保管にお困りの方は、トランクルームを利用してみてはいかがでしょうか。